忍者ブログ

にきび跡治療ガイドブック

にきび治療に関しての情報です

2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にきびについて

にきびやにきび跡に悩んでいる大人は多いと思います。
子供のにきびと違って大人にきびはにきび跡になりやすく日頃からの予防ケアが大切になってきます。

当ブログではニキビの予防法を中心に出来てしまったあとの治療法までを紹介していきたいと思います^^

にきびは医学的には尋常性座蒼と呼ばれ皮膚科で最も多い疾患のひとつです。

にきびは一般的に皮脂が過剰に分泌されやすい体質の人にできます。思春期の子供ににきびが出来やすいのは性ホルモンの分泌が盛んになるためなのですが大人になってからできるにきびというのは仕事や家庭生活での過剰なストレス、皮膚のターンオーバー(肌の生まれ変わりのリズム)の乱れによる表皮の過剰化な角化などが原因で皮脂が毛穴に詰まってできてしまいます。

思春期の子供のにきびに対して大人になってからできるにきびを大人にきび又はアダルトニキビなどと呼びます。

この大人にきびですが、なんの処置もせぬままほっておくとにきび跡・・俗に言うクレーターとして残ってしまいいったんこのような状態になるとなかなか完治させるのは難しいとされています。たかがにきびと安易に考えるのではなく早め早めの適切な治療が必要ということです。

予防法としては、規則正しい生活を行いからだを常に清潔に保つよう心がけましょう。初期段階にできるにきびを白ニキビといいますが、気になって頻繁に手で触ったり、潰したりということは絶対に避けてください。その傷跡が炎症を起こしてさらに深刻な黒にきびや赤にきびへ症状が進行してしまう可能性があります。

人間の肌はとてもデリケートです。にきびが深刻な状態にならなよう適切なケアを施しましょう。
まずは皮膚科や美容皮膚科、形成外科に相談に行くことをお奨めします。

にきび治療法には多種多様なものがあります。人それぞれに合った治療法をアドバイスしてもらい治すようにしていきましょう。

抗生物質やビタミン剤の服用だけで済む場合やレーザー治療やケミカルピーリング、イオン導入、面皰圧子が必要な場合もあります。漢方やサプリメント、化粧水、栄養剤なども効果があります。

では、それぞれの治療法を詳しく解説していきたいと思います。
PR
■広告