忍者ブログ

にきび跡治療ガイドブック

にきび治療に関しての情報です

2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にきび跡はなぜできるのか?

にきび跡は治り難いと言われています。なぜか?このことを考えるとにきび跡がなぜできるのか理解できると思います。人間の皮膚は新陳代謝を繰り返し常に新しい皮膚組織を作り出しています。一般的にターンオーバーと言われていますが本来、このターンオーバーが正しく機能している限り、たとえニキビ跡ができクレーターや凸凹となってしまっても自然に治癒するはずです。

しかしにきび跡になってしまうとその窪みが自然治癒で治ることは稀です。ということはターンオーバーが機能しない・・つまり皮膚組織が赤にきびや黄にきびの炎症で破壊されてしまい再生不能な状態に陥っているということです。重度のやけどがやけど跡として残ってしまう状態と似ています。

そこで皮膚組織を作り出しているコラーゲンの増殖を促すようなレーザー治療や化学治療(ケミカルピーリング)が行われているというわけです。最初に述べましたがにきび跡は完治するのが難しいとされています。レーザー治療やケミカルピーリングによる治療もまずはお肌の改善を第一の目的としています。クレーターや凸凹を作らないためには、とにかくにきびの段階での適切なにきび除去の処置が必要であるということですね。
PR
■広告