忍者ブログ

にきび跡治療ガイドブック

にきび治療に関しての情報です

2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にきびの種類

にきびは毛穴に古い角質と皮脂、細菌などが固まり発生します。この段階では皮脂の塊が白っぽく見えることから白にきび(閉鎖コメド)と呼ばれています。

白にきびの状態でケアをせずにほっておくと皮脂が紫外線や空気に触れることによって酸化してしまい黒く変色してきます。このにきびの状態は黒ニキビ(開放コメド)と呼ばれます。

毛穴が塞がった状態で皮脂が出口を失いそこに蓄積されていくと皮脂を好物とする「アクネ菌」が外部から脂腺に進入して繁殖します。どんどんアクネ菌が増殖すると身体の中の白血球がアクネ菌に戦いを挑み、この過程でにきびに炎症が起こり赤く腫れ、触ると痛みを感じます。この状態を赤にきびと言い、このまま放置してしまうとにきび跡・・クレーターと呼ばれる・・になり完治させるのが厄介なことになってしまいます。

以上のことからにきびの進行状況は視覚的に捉えられる場合が多く(背中にきびなどの視認が困難ものは除く)気づいた時点で早めの処置をしていくことが肝要となります。
PR
■広告